東京コレクション2017AW

東京コレクション2017AW〜秋冬ファッショントレンドまとめ〜

2017年〜2018年、秋冬シーズンの東京コレクション(アマゾンファッションウィーク東京)は、2017年3月20日〜3月25日に、渋谷ヒカリエで開催されました。

 

東京コレクションに登場するようなブランドは、モードというよりは、どちらかと言うと、ストリートから、トレンドを広げていくようなブランドが多いですが、今年の秋冬コレクションでは、

 

流行に乗っかる、と言うよりも、

 

ブランドの個性を重視したようなスタイルを展開するブランドが多く見受けられました。

 

海外ブランドの影響も受けてか、2017AWシーズンらしく、基本的には、百花繚乱という感じですが、いくつか共通するようなトレンドもあったので、以下にまとめてみました。

 

オリンピックを意識してのスポーツミックス

House Commune ハウスコミューン スポーツコーデ 2017秋冬 東京コレクション

 

2020年の東京オリンピックをひかえて、スポーツを意識したスタイリングが増えてきました。

 

メンズファッションもレディースファッションも、秋服の流行としては、キルティングやジャージー素材を使った服や、中綿入りのアウター、マフラーなどの小物も、機能性のあるデザインものが多く見られます。

 

秋冬ファッションに合わせた、スポーツ用のヘアバンドやキャップをコーデに取り入れたようなスタイリングも多くなって来ました。


 

ダウンコートを着る秋コーデ

「都会の女性のエレガンス」をテーマにしたハウスコミューン(House Commune)の秋冬コレクションでも、マフラーのようにボリューミーな襟のエレガントなワンピースの上から、スポーティなダウンコートを羽織る秋コーデが登場。

 

フェミニンな大人の女性のワンピースと、アクティブなダウンコートの組み合わせが、新鮮な印象を与えていました。

 

ダウンコートの裾の両サイドには、腰まで届きそうな深いスリット入りで、首の後ろには、大きいパーカー付き。

 

上着もワンピースも、足元もとのショートブーツも、基本は、ネイビーで揃えたワントーンコーデですが、歩くたびに、チラリと見えるインナーのピンクが、可愛いアクセントになっていました。


 

メンズスーツのようなマニッシュスタイル

Ujoh ウジョー 進化系マニッシュスタイル 2017秋冬 東京コレクション

 

2017年のレディースファッションでは、メンズスーツのようなマニッシュなスタイルが、多くのブランドで登場。

 

デザインやシルエット、素材感はさまざまで、ディテールに女性らしさを感じさせるのが特徴です。

 

レーシーなインナーや花柄シャツをコーデにいれたり、肩幅を大きめにしてドロップショルダーにし、20代から30代の女性に人気の丸みのあるシルエットを作っています。


 

ランジェリーから、秋冬はフェティッシュへ

AKIKO AOKI アキコ アオキ フェテッシュ秋冬コーデ 2017秋冬 東京コレクション

 

2017年春夏コレクションで登場した、ランジェリーテイストの流れを汲んで、秋冬はフェティッシュ(性的嗜好)の雰囲気があるアイテムを取り入れたスタイルが出ています。

 

太いベルトやロンググローブなどの取り入れやすいものから、コルセットやビスチェのようなトップスや極太のベルト、拘束具のようなレザーベルトやサイハイブーツ等など、身につけるのに少し抵抗感のあるアイテムも登場しています。


 

1点投入!赤アイテム

support surface サポートサーフェス 1点投入赤コーデ 2017秋冬 東京コレクション

キャメル、ブラウン、ベージュといった暖色系とともに、2017年の秋ファションで、俄然、注目カラーとして浮上して来たのが「赤」です。

 

東京コレクションでも、トップスやジャケット、アウターなどで、赤を取り入れるスタイルが次々と登場。

 

メークでも真っ赤なリップが注目されているように、今年の秋ファッションでも、アイテムのどれかを赤にするのがトレンドになっています。

 

ボトムスやタイツ、靴など、顔から遠い位置のアイテムで取り入れると、より今年らしい雰囲気に。

 

また、朱赤や深みのある赤を秋コーデに取り入れれば、モード感のあるスタイルを演出できます。


 

 

ケイスケヨシダ KEISUKEYOSHIDA 赤のチェック柄スカートをチラ見せする秋コーデ

秋物っぽい柄と組み合わせた例では、60年代の赤いチェック柄を、ワンピースのスカート部分で採用したケイスケヨシダのスタイルが特徴的。

 

今年の秋っぽい赤いチェック柄をチラ見せするように、ネイビーのロングジレを羽織り、足元には、意外にも、金ラメがキラキラ光るグリッター素材の厚底ブーツを合わせていました。

 

そのほか、今年らしい赤は、スカートのラインや、コートの下にはくワイドパンツなどでも度々登場し、まさに、コーディネートのポイントを飾る色になってました。